1. ホーム
  2. 2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) 2018年モデル CROSSLINE 30 RIGID (クロスライン30リジッド)
2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30 クロスバイク
2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30 クロスバイク
ci-916240-o18
15,367円 41,580円




















■CENTURION


CENTURIONはW・レナー氏により創設された、ドイツの自転車メーカー。
質実剛健なドイツブランドらしい「洗礼された機能美こそが真に美しい外見を備える」を信念とし、マウンテンバイクをはじめ、ロードバイクや、近年ヨーロッパを中心に注目されているe-BIKEの開発にも積極的に手掛けています。
2014年、ドイツのバイク誌から最高級のハードテイルMTBとして「スーパー」称号を与えられた「バックファイヤー カーボン アルティメイト27」を輩出。
2015年には「ギガドライブ ディスク」が栄えあるデザイン賞の「フォーカスオープン」の金賞を受賞。
センチュリオンはどのような状況下でも長期にわたってユーザーに充分な満足得るため、品質と安全性に最大限の注意を払い、全ての過程は当社独自の社内テストレーションによって自転車業界の様々な厳格に準拠するよう厳格にテストされ、管理されています。



○Cross Line Rigid


街乗りからライトオフロードまで適応するシリーズです。
リジットフォーク、580mm幅ハンドル、サイドスタンド標準装備など日本の路面コンディションや道路状況を考慮したスペシャルクロスバイク。



CROSSLINE 30 RIGID


日本の道路事情に合わせてサイドスタンドを標準装備しているモデル。
ダボ穴が多いので拡張性が高く、ディスクブレーキに換装することも可能。



■【スペック】


●フレーム: クロスライン ベーシック 6061 アルミフレーム、ゼロスタック ヘッド、BBシェル幅 73mm、エンド幅135mm、フェンダー&キャリアーダボ、リプレイサブル リアメカハンガー
●フォーク: アルミ リジッドフォーク、クロモリコラム、ディスクブレーキ台座付、フェンダーダボ
●フロント ハブ: JOYTECH JY-751DSE、Q/R、32H
●リア ハブ: JOYTECH 702DSE、Q/R、32H
●スポーク: 14G ステンレス
●タイヤ: TIOGA シティスリッカー、700X32C、仏式バルブ
●リム: ALEXRIM MV3
●ボトムブラケット: TH BB-7420ST、軸長 122.5mm
●クランク: SHIMANO FC-TY301、42/34/24T、チェーンガード付、170mm
●チェーン: KMC Z51
●ペダル: 樹脂ボディ
●ヘッド セット: VP VP-Z104AE
●ハンドルバー: PROCRAFT ライザー、580mm、20mmライズ、バックスウィープ10°
●ステム: アルミ、7°ライズ、バークランプ径25.4mm、突き出し 70mm(37、44、47cm) 80mm(50、53cm)
●ブレーキ: TEKTRO C310 リニアプル
●ブレーキレバー: SHIMANO アルタス、ST-EF5102
●フロント ディレーラー: SHIMANO FD-TY500-TSM3、31.8mm
●リア ディレーラー: SHIMANO アルタス、RD-M310
●シフター: SHIMANO アルタス、ST-EF5102
●リア スプロケット: SHIMANO CS-HG200-7、12-32T、7スピード
●サドル: PROCRAFT クロスコンフォート
●シートポスト: アルミ SP-C207、27.2mm
●その他: ベル、サイドスタンド、シートクランプ31.8mm
●重量: 11.0kg(50cm)
●リアメカハンガー: FRP02800



■【ジオメトリー】





スマホゲーム・アプリ

2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30 クロスバイク

スマホのアプリをパソコンでやる方法を紹介しています。pcにスマホエミュレーターをインストールするだけの、すごく簡単なのでぜひ試してみてください。

  • ポケモンユナイトもpcで遊べる!
  • ちょっとしたpc作業の合間にスマホゲーム
  • pcなら大きな画面でスマホ版fpsがプレイできる
  • マウスやパッドでプレイできる
  • 高クオリティでスマホゲームをゲーム実況もできる

すごく簡単なのでおすすめです。

 

2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30 クロスバイク

2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30 クロスバイク

androidエミュレータはご存知でしょうか?

簡単に説明すると...

windows10でエミュレートソフトをインストールしてpcで仮想androidスマホを作るんです。それがandroidエミュレータという種類のソフトです。
簡単に言えば、pcでエミュレーターソフト『ldplayer』をインストールすればpcでスマホゲームやアプリで遊べるようになるんです。

※androidスマホのosはオープンソースなのでこのようにエミュレートすることも認められています。

ldplayer ダウンロード公式

僕が使っているのはandroidエミュレータ『ldplayer』は超おすすめ!これでスマホゲームがpcですぐ遊べます。
『ldplayer』 
https://jp.ldplayer.net/

androidエミュレータをインストールすると

「モンスト」「ポケモンユナイト」「ウマ娘」も全部pcで遊べます!

pc上でスマホを起動しているのと同じなので、『google play ストア』や『スマホカメラ機能 アプリ』『ブラウザ アプリ』『sns アプリ』など色々スマホ上で使えるアプリがパソコンで仮想で使えるようになります。

今回はスマホゲームをpc(パソコン)で遊ぶのが目的なので割愛しますが、エミュレータはすごく便利です。特に動作環境チェックでは開発者向けに必須のソフトになっていますね。

リセマラも同時に複数開いて効率化!

マクロ機能や複数立ち上げなどマルチ機能を使えばリセマラを同時に効率化できます。

関連記事

pcゲームapex(apex legends)は格安pcでも動く!?
【最新】apex格安ゲーミングpc 240fps 144fpsのおすすめbto pcを紹介!

 

pc(パソコン)で『call of duty mobile』をプレイしてみました

スマホで『call of duty mobile』をやると小さい画面なので見にくいですし、ゲームパッド対応のfpsですが、さらにエミュレータを使えばキーボード&マウスでfpsをすることもできます。さすがに指操作の人とは差が出てしまうので、今回はテストでカジュアルマッチを何度かプレイしてみました。

まだレベルも低いので、マッチするのはbotが多いですが単純にpcでcodをやってる感じなので普通に楽しいです。

 

pcで『ポケモンユナイト』もプレイしてみました

ポケモンユナイトもpcで遊べます。操作もすごく簡単だし画質もよくサクサクのフレームレート。

 

使うのはコレ!
androidエミュレータ『ldplayer』

ldplayer ダウンロード公式

『ldplayer』の機能

特徴としてpcならではの機能が充実しています。中でも

  • コントローラーもキーボードも利用可能
  • 複数のゲームを同時起動できる
  • 複数の同じゲームを同時に起動できる
  • 複数の同じゲームを同時にコピー操作できる
  • 操作を自動化することもできる
  • pcならではの最高のグラフィック

例えば新しいゲームのリセマラをする場合にでも、同時に複数のゲームアプリを起動させて同時にリセマラすることができます。それも自動化することもできるので簡単で楽です。
また一つのゲームに複数のアカウントでログインして一人で4人パーティーなどもできます。

 

『ldplayer』インストール

『ldplayer』インストールは1分程度で終わります

公式サイトへアクセスしてダウンロードします。

『ldplayer公式』 https://jp.ldplayer.net/

ダウンロードすると通常は『ダウンロードフォルダ』に入りますので、『ldplayer4.0.exe』をダブルクリックしてインストールを開始してください。

安全性は確かめられていますので『はい』をクリックしてldplayerインストール画面に進みます。

『インストール』をクリックしてldplayerをインストールします。

ldplayerのインストールは30秒程度で終わります。

インストールが完了したら『起動』を押してldplayerを起動します。

通常は初めて起動した場合『vtが無効になっているので』の画面が出ますが、そのまま気にせず使うこともできます。

ですが動作が重くて動きが悪い場合はpcの設定のvtを有効にしてください。
ldplayerは快適に10倍速く軽く動作します。

vtを有効にする設定方法はこちら

 

『ldplayer』使い方

5分程度で最初の設定は終わります

まずは『ldplayer』はandroidスマホのエミュレーターなのでgoogleアカウントで利用することになります。

まずはこちらのアイコンをクリックして通常版を起動します。
※「ldmultiplayer4」は複数台の仮想スマホを立ち上げる時に使います。

『ldplayer』が立ち上がったらgoogleアカウントの設定をしたいので「ld store」のアイコンをクリックしてください。

「mu:アークエンジェル」というゲームでログインから初期設定します。

アプリのストアが開くのでgoogleのアカウント設定をするために「mu:アークエンジェル」を開きます

そうするとgoogleのログイン画面が表示されますので、自分のgoogleアカウントでログインするか、新しいアカウントを作ることになります。

ログインをクリックするとメールアドレスでログインすることができます。
※アカウントを新たに作る場合は「アカウント作成」をクリックします。

ここでログインするgoogleアカウントはどんなものでも構いませんが、ご自分でお持ちのandroidスマホがあれば、そのスマホのアカウントでログインすることでデータの移行や共有も可能です。
※ただ単純に遊ぶだけなら、どんなgoogleアカウントでも特に問題ありません。

googleドライブにバックアップするか?の英文でのメッセージが出る場合もありますが、その時はオンでもオフでもお好きなようにして問題ありません。

ログインが完了すると「mu:アークエンジェル」のインストール画面になりますので「インストール」をクリックしてください。

ここでアカウント設定完了となりますが、まだもう少し設定があります。

ここで支払い方法の選択が表示されますが、最初はスキップでも問題ありません。
すぐにアプリで課金などを行う場合は設定しましょう。

ここまで2分~3分でした。

続いてインストールできたゲームを起動して、ゲームで遊ぶための初期設定をしてみましょう。
pc内のスマホなのでロード時間もダウンロード時間も超速なので、ぜひ体感してみてください!!

 

『ldplayer』ゲームの初期設定

では早速プレイボタンを押してゲームを起動してみてください。

超キレイな画面で立ち上がってきましたね。「ログイン」を押してキャラ作成を簡単に済ませてください。

ニックネームを入れて作成すると画質の設定になります。

ここではpcで遊んでいるので「高画質」で十分遊べます。

動きが重い場合やカクつく場合はパソコンの「vtを有効」にしてください。10倍軽くサクサク動くようになります。fpsなどでは必須かもしれません。

アプリの動作確認

このアプリもぜひインストールしてみてください※動作確認もできます

この『arka-蒼穹の門』『パニリヤ・ザ・リバイバル』とても面白いゲームなのでpcで遊ぶにはピッタリのゲームです。
ぜひダウンロードしましょう。動作のチェックやカクツキなどのチェックもできます。

それでもカクつく場合は次の『vtを有効にする方法(bios設定)』を試してみてください。

詳しくはこの記事へ

 

vtを有効にする方法(bios設定)

難しそうに見えますがとても簡単でpc好きな方なら良く操作する画面です。

2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30 クロスバイク

僕のpcはマザーボードが『asus』でbiosは(uefi)になっているのでpc起動してすぐに【delキー】を押しっぱなしこんな感じになりました。

uefiの画面が立ち上がりましたので『終了/アドバンスト』をクリックして『アドバンストモード』にします。

『アドバンストモード』の『詳細』→『cpuの設定』→『intel vt』という項目があり【無効】→【有効】に変更しました。

右上の【退出】を押して【変更を保存しリセット】で完了です。
※リセットはpcをリセットするわけではありません。再起動するという意味です。

再起動が完了すればvtが有効の状態になりました。
めちゃくちゃ速度が速くなってpcゲームと同じような動きになりました!!

ldplayer ダウンロード公式

 

 

androidエミュレータ『noxplayer』

pcでスマホゲームができるようになるエミュレータは色々あるのですが、その中でも有名なソフトで『noxplayer』というのがあります。僕はこの『noxplayer』を使っています。ほかに使いやすかったのが『bluestacks』です。こちらも使ったことがあります。特徴はそれぞれ違いますが、自分に合った方で良いと思います。

関連サイト

noxplayerはpcでandroidモバイルゲームをプレイするための完璧なプラットフォーム
『noxplayer』公式サイト
https://jp.bignox.com/

今回は『noxplayer』を使っているので使い方など説明していきます。

スマホゲームをpcで遊べるようになる『noxplayer』の特徴

いくつか特徴をピックアップ!

複数のスマホをエミュレートできる

これが一番の特徴だと思いますが、『noxマルチインスタンスマネージャー』を使うとpcの中にスマホを複数台持つことが可能になります。簡単に言うと一人で複数台のスマホを動かしてゲーム内で協力プレイができます。簡単に何台もスマホを立ち上げれますので、一人で複数のフレンド登録ができます。
※一台につき1グーグルアカウントがいると思います。

 

直感的な操作がしやすいボタン

『仮想キー』の設置などもfpsに合わせて、何となく設定すればできちゃう。また二本指の操作や、スマホをふるふるすることもボタン一つでできます。またスクショや録画もボタンを押すだけなので簡単ですよ。

 

『noxplayer』のインストール方法

公式サイトよりダウンロード

『noxplayer』公式サイトへ行きトップページのボタンを押して最新版をダウンロードします。

 

nox_setupをインストールする

ダウンロードした『nox_setup_v○○_full_intl.exe』を開いてインストール開始します。

起動する

noxをダブルクリックで起動すれば仮想スマホが立ち上がってきます。そのスマホでgoogleアカウントでログインすれば、新品のandroidスマホ購入した状態の画面が起動します。あとはゲームを『プレイストア』からダウンロードするだけです。

『noxplayer』の基本的な使い方

マルチかシングルで選んで起動できる

複数のスマホを使いたい場合は『multi-drive』をクリックして『noxマルチインスタンスマネージャー』を起動します。

  • ①で新しい仮想スマホを追加します。何台でも追加できますがpcのスペックにより重くなります。
  • ②で追加した仮想スマホを起動します。追加した後に選んで起動できるので、アカウントごとや機種ごとに起動することもできます。

 

googleアカウントでログインする

基本的にandroidスマホなので、何をするにもgoogleアカウントが必要です。ゲームをダウンロードするのも必要なので、今持っているアカウントを使うか、新たに取得してください。

 

プレイしたいゲームをダウンロードする

右上の『appcenter』をクリックするとgoogleプレイストアが開きますので、そこでプレイしたいゲームをインストールできます。

このあたりはどのスマホでも基本同じなので、pcの場合でも同じです。

あとはホーム画面にゲームのアイコンが追加されるのでクリックしたら起動できます。

あとはゲームを楽しむだけ!

 

ゲームを起動してキー設定をする

右上の『仮想キー』をクリックしてfpsゲームをキーボードとマウスでできるように設定をします。
すごく簡単です。

※クリックすると別窓で大きく画像を開きます

fpsで使うのはほぼ『①、③、④、⑤』くらいです。ゴチャゴチャしてるように見えますが、タップする場所にキーボードのキーを割り当ててるのがほとんどです。

2018年モデル 《在庫あり》CENTURION(センチュリオン) CROSSLINE (クロスライン30リジッド) RIGID 30 クロスバイク

キーボードでの移動の基本ですね、この仮想キーをタップで移動する位置に配置します。
※ゲームの設定で自動で走るようにしています。

 

③ 各ボタンをキーに割り当てます

この設定がほとんどで、リロードやしゃがみ、ジャンプなどタップする位置をキーに割り当てては配置しています。

  • 左下の123はスコアストリーク(ウエポン的なやつ)にキーボードの1,2,3キーを配置しています。
  • 真ん中下のeは落ちている武器等を拾うタップ位置にeを配置しています。
  • リロードにはr、ジャンプにはスペースキーを配置しています。
  • グルネードは4、エイムには右クリックを配置しています。

これは好みなので、自分に合った配置で良いと思います。

 

④ エイムモード切替ボタンの設定

これがfpsでは重要で、エイムモードをタップモードの切り替えです。配置場所はクロスヘア(レティクル)に合わせて配置します。
初期状態では『左クリック』がエイムモード、タップモードに切り替える仮想キーになっていますので、僕の場合はnum5ボタンに変えています。左クリックはエイムに設定しているので。

これがどんな切り替えなのか、使ってみればわかります。

戦闘が始まったときは『エイムモード』に切り替えてゲームをします。
ロードアウトや設定画面では『タップモード』にしないと操作できません。

 

⑤左クリックのトリガーボタンの設定

右クリックで射撃するタップ場所に仮想キーを設置します。

 

複数台のスマホを起動する

複数のスマホを使いたい場合は『multi-drive』をクリックして『noxマルチインスタンスマネージャー』を起動します。

①で新しい仮想スマホを追加します。何台でも追加できますがpcのスペックにより重くなります。

②で追加した仮想スマホを起動します。追加した後に選んで起動できるので、アカウントごとや機種ごとに起動することもできます。

 

スマホの機種変更をする

右上の歯車マーク『設定』→『機種やネット』→変更できます。
ここでは機種を自分で作ったりもできるので、自由にすればよいと思います。機種偽装なので偽装内容によってはアプリやウェブが使えない場合もあります。

 

pcでスマホゲームを遊ぶための注意点

基本的にスマホゲームはスマホで遊ぶように作られています。それを無理にpcで遊ぶので問題は多くあります。

また、ゲームによってはスマートホン以外でのプレイを禁止していたり、パッドなどコントローラーの使用も禁止していたり、マウスなどの使用も禁止している場合もあります。その場合はアカウントの停止や他の問題が生じることもありますので、自己責任ということになります。

スマホのゲームがpcでできるメリットもありますが、スマホでこれだけ多くのゲームができるメリットの方が多いので自分に合った使い方をしてください。

ぜひ楽しいゲームライフを!

おすすめ関連記事

現在人気のおすすめのライブ配信アプリを人気順に紹介しています!
合わせて読む:【最新】おすすめのライブ配信アプリ 10選「稼げるアプリ」

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スマホゲーム・アプリ
-スマホゲームやり方

www.urbaines.fr RSS